カードローンことはじめ

カードローンをお探しの方も、もっと知りたい方も。

在籍確認

学生がカードローンに申込んだとき在籍確認はどうするのか

2016/07/12

以前はカードローンやキャッシングは学生不可としているところがほとんどでしたが、一部の消費者金融や銀行では学生であってもカードローンを契約できるようになってきています。

カードローンを契約するときには審査の段階で原則的に在籍確認の電話があります。

ここでは学生の在籍確認方法に加えて、親バレの心配など学生特有のお悩みについても触れてみたいと思います。

アルバイトをしていればバイト先に在確があることも

学生が契約できるカードローンであっても申込み条件として「20歳以上で安定した収入」があることが前提となっています。消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社のような貸金業者は総量規制により収入がなければ法律上貸出しを行うことが出来ません。そのため申込みの前提条件として、アルバイトなどの収入があることが条件となります。

また収入の裏付けをとるために在籍確認を行うことが原則です。

総量規制とは関係のない銀行であっても完全無収入の学生がカードローンを組むことは虚偽の申込みを行わない限りはできません。そのためたとえ学生であっても貸金業者同様収入があることを確認するためにアルバイト先に在籍確認を行うことが原則です。

学生ローンでは電話による在確は基本的に行わない

学生ローンと称する消費者金融会社では、自己申告でアルバイト先や収入を尋ねるだけでバイト先に在籍確認の電話をしないところがほとんどです(必要に応じてバイト先に在籍確認の電話をすることもあります)。

アルバイトの給与明細や給与の振込された通帳を携帯のカメラで撮影して送信することで在籍確認の電話がわりにしています。

学生ローンとは?

主に大学生や専門学校生を対象にした消費者金融会社です。2000年代中頃までは大半の消費者金融や銀行のカードローンやキャッシングの利用条件に「学生不可」と明記されていたたため、学生がお金を借入れるときはは学生ローンを利用するのが主流でした。

貸金業法改正で、他の中小零細消費者金融会社同様学生ローン会社の大半が廃業しましたが、古くから営業しているところがいくつか存続しています。

■ 学生ローンについて詳しくは「学生ローンと普通のローンのちがうところ」をご覧ください。

電話による在確がないこともある?

学生がカードローンを契約したとしても、契約時の利用限度額(極度額)は5万・10万程度となることが多く、それほど高額な枠が設定されるわけではありません(利用実績に応じて増額されることはあります)。そのため電話による在籍確認が原則のところであっても、借入希望額が少ない場合は在籍確認の電話を行わないこともあります。

ただし、そのようなところの場合であってもあくまでも電話による在籍確認を行うことが原則で、電話による在籍確認がたまたま行われなかっただけと考えておいた方がいいでしょう。

銀行カードローンで申込み条件で学生可としているカードローンの中には電話で在籍確認がないところもあります。しかし、三菱UFJ銀行のバンクイックのように保護者の承諾が申込み条件となっているところが多く、バイト先への在籍確認以上にハードルが高いともいえます。

どうしても電話による在籍確認に抵抗がある場合

電話による在籍確認に抵抗がある場合は、学生ローンを利用するか、大手の消費者金融であればプロミスのように在籍確認について電話以外の方法を相談できるところを検討してみるしかないでしょう。

契約時に実家や親への連絡はある?

契約時に実家や親に連絡がいくことはありません。ただ、支払が遅れがちになったり滞ったりすると連絡がいく場合があるので支払いだけには気を付ける必要があります。

アルバイト先に在籍確認があると借入がバレる心配はある?

在籍確認は消費者金融の場合個人名で行われますのでその点心配はいりません。電話で在籍確認をする消費者金融であっても、ネットから申込み後時間帯を指定したりできるようになっていますので怪しまれない時間帯にかけてもらうなどしてもらうといいでしょう。

もっとも、そこまで在籍確認が気になるのであれば電話以外の在籍確認の方法をとってもらえるところに申込めば余計な心配をせずにすみます。

銀行カードローンの場合、銀行によっては銀行名で電話をするところも中にはありますがほとんどの銀行では個人名と銀行名を選べるようになっているので、電話を受けた人がカードローンやキャッシングの事情に詳しい人でない限り在籍確認の電話で即借入がバレるようなことはありません。

もし在籍確認の電話について何かつっこまれたら「買い物のポイントサービス用にクレジットカードを申込んだ」と言っておけばカードローンを申込んだとは思われずにすむかもしれません。クレジットカードも在籍確認の電話をするところが多いですから、カードローンではなくクレジットカードということにしておくのが一番無難です。

在籍確認でバイト先バレや、親バレが心配な人におすすめのカードローン

先ほどもあげましたが、学生でバイト先バレや親バレが気になる人であればプロミスが最もおすすめです。

おすすめの理由

  1. ネット申込み後電話をすれば電話以外の在籍確認の相談が出来る。
  2. Web完結サービスでネット上で全ての手続きが完了するので郵便物のやりとりがない。
  3. カードレスを選べるのでカードの郵送受取時にバレる心配がない。
  4. カードレスにすることでカードを発見されるリスクがない。
  5. Web明細登録で利用明細の郵便を止められる。

身内バレ最大の原因は郵便物なので、親バレが心配な学生には在籍確認の相談が出来ること以上に、郵便物を届かないように出来ることが一番のおすすめ理由かもしれません。

また、収入等の属性面で不利な学生には、銀行よりもプロミスの方が審査にも通りやすくなりますし月々の返済額も借入額次第ですが2000円からなので毎月の負担が小さくなります。

どこのカードローンを契約するのかを迷われている場合は、学生に限らず、融資までのスピードに加えてサービス品質のよいプロミスをおすすめします。

-在籍確認

あわせて読みたい

1
プロミスにネットから申込みをしてWeb契約してみた時の流れを完全解説!

プロミス 土日祝日審査対応。当日審査21時まで。 土日祝22時まで即日借入れ可能 ...

予算10万円の海外旅行 2
今日中にお金を借りる時の注意点と契約の流れ。夕方過ぎでも間に合います。

1 今日中にお金を借りられるところ2 今日中にお金を借りたい時に、まずは用意して ...

3
躍進!楽天銀行のカードローン。積極営業で会員数・貸出残高4年で倍増。人気の秘密・評判は?

世間一般では楽天銀行と聞いても「あの楽天がやってる銀行でしょ」くらいの知名度しか ...

4
最初に作っておくべきクレジットカード3選。契約しやすくて使いやすいおすすめカード。

クレジットカードを作るには審査があります。 審査と聞くとハードルが高そうだと思わ ...

5
クレジットカード不要の格安SIMあります。iPhoneにもXperiaにも対応で年間5万円の節約!

最近徐々に浸透してきた格安SIMと呼ばれるサービスがあります。かつては安かろう悪 ...