カードローンことはじめ

カードローンをお探しの方も、もっと知りたい方も。

初めてのカードローン カードローンの借入と返済

リボ払いは恐ろしい?リボの金利を計算してメリットデメリットを検証

2018/04/12

リボ払いは危ないとかリボ払いは恐ろしいなんてちまたではよく言われています。リボ払いにするといつまで経っても残高が減らない、金利ばかりをとられていくというイメージが定着しているからか、支払いを全てリボ払いにしてしまう人のことを「リボ神様」なんて揶揄する人もいるくらいです。

リボ払いはたしかにそういった側面があります。一体いくら元金を返済していて利息を支払っていないのかイメージしずらいのがその原因です。毎月1万円返済にあてていたら「1万円を返している」という意識はあっても、1万円のうち元金がいくらで利息がいくらなのかを意識できている人はほとんどいないはずです。

何かと悪名高いリボ払いですが、ちゃんとした付き合い方をすれば別に怖くもなんともないんです。むしろある意味便利なんです。リボ払いを正しく理解することが正しいカードローンの付き合い方を身につける第一歩です。

そもそもカードローンの返済方式はリボ払いなのか?

カードローンの返済方法は基本的にリボ払いです。商品説明の返済方法には「残高スライドなんとか方式」と書かれていますが、これはリボ払い、正式にはリボルビング払いのことです。クレジットカードでは残高に応じて毎月一定額を支払っていくリボ払いという支払い方法をよく目にすることがありますが、カードローンでもリボ払いと書かれてはいないものの、返済方法はほとんどがリボ払いが基本となっています。

ご参考までに主なカードローン発行会社をあげてみました。

会社名 返済方法
三井住友銀行 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式
三菱UFJ銀行 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式
みずほ銀行 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式
りそな銀行 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式
アコム 借入後 残高スライド 元利定率 返済方式
プロミス(SMBCCF) 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式
アイフル 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式
SMBCモビット 借入後 残高スライド 元利定額 返済方式

アコムだけちょっと方式が違いますが、上から下までリボ、リボ、リボ。リボと書いていなくてもこれぜーんぶリボ払いです。

"残高スライド" "元利定額" "定率"の意味は?

少々小難しくなります。詳しくはまた別頁で改めて。

カードローンの金利手数料は高いのか?

実質年率とは1年当りの金利とほぼ同じ意味だとお考えください。手数料と利息込みという意味で実質年率という表記の仕方をしています。実質年率18%であれば365日借り入れた時に元本の18%の利息が発生するということです。。カードローンの商品案内をみてみると「実質年率4%-18%」と表示されていますが、高い方の数字をみると消費者金融系のカードローンで18%前後、銀行系であれば15%前後がおおよその水準です。ここでは実質年率18%と仮定しましょう。

例えば、こういう時・・・

給料日まであと1週間。今日部下たちが大型契約をまとめてくれた。先輩として部下たちを労ってやりたい。高いところは無理だけどもせめて気持ちだけでも…。

こういうシチュエーションに出くわしたとき「金がないなら部下たちを放っておけ」という人もいるかもしれませんが、上司たるもの部下たちを労ってやるのが当たり前といえば当たり前です。

さてこの先輩を山本係長としましょう。山本係長はカードローンを使って3万円を借りてきました。1週間後すぐに返したとして利息はいくらになるでしょうか?

カードローンの金利は日割りで計算されますから、計算式は以下のようになります。

利息=元本の金額x実質年率x借り入れた日数/365日

これを当てはめると、

30,000円x18%x7日/365日=103円

1週間借りたとして103円。もし1ヶ月なら7日を30日に入れ替えて443円。これを高いとみるか安いとみるかは人それぞれでしょうが、自販機で「おーいお茶」を1本買うより安いと思えばそこまで損した気分にはなりません。もしこの借り入れた3万円が必要生活費だったら103円で1週間分の生活費を前借補填出来ると考えれば、飢えずに済む手数料としては安いものだと思います。

もっともこれは1週間後にきっちり返せば、の話です。

10万円を毎月1万ずつ返済していったときはどうなるか

さて、事例を変えてみましょう。

部下たちからますます厚い信頼を寄せられるようになった山本係長。課長はもちろん部長からの覚えも目出度くなりたびたびゴルフに誘われるようになりました。しかしゴルフはズブの素人だった山本係長。レッスンに通うようために初心者レッスンコース料金の10万円を借入れました。

上昇気流に乗った山本係長、お小遣いから毎月3万円を工面するのはさすがにしんどかったので今回は毎月1万円ずつ返済していく予定で返済計画を立ててみました。

実質年率18%で10万円を借り30日で1万円ずつ返済する場合

回数 返済金 元金 利息
1 10,000円 8,521円 1,479円
2 10,000円 8,647円 1,353円
3 10,000円 8,775円 1,225円
4 10,000円 8,905円 1,095円
5 10,000円 9,037円 963円
6 10,000円 9,170円 830円
7 10,000円 9,306円 694円
8 10,000円 9,444円 556円
9 10,000円 9,583円 417円
10 10,000円 9,725円 275円
11 9,018円 8,887円 131円
109,018円 100,000円 9,018円

毎月1万円ずつの返済だと返済回数は11回。利息の合計は9018円。今度は借入額も大きくなりさらに支払い期間が長期になる分利息の負担も大きくなりました。元金10万円に対する金利手数料率を計算してみましょう。

利息9,018円/元金100,000円x100=金利手数料率9%

実質年率は18%だったのに、実際に元金10万円に対して負担した金利手数料率は9%。こうしてみると1万円ずつ返済していったとしても意外と手数料を支払っているわけではないと思えなくもありません。毎月1万円の支払いのうち元金相当分元金が減っていくので支払いを進めていくと利息負担も減っていくからです。

こうして山本係長は10万円を貯金する期間をレッスンにあてることができ、部長や課長とともにゴルフを楽しめるほど腕が上達しましたとさ。めでたしめでたし。

カードローンを正しく使っていればリボも問題はない

このサイトではカードローンの正しい使い方について「急な出費に備えるためのもの」「"一時的な"不足を補うためのもの」と何度か書いてきました。正しく使っていればリボ払いをしていても順調に元金は減っていきますし、負担が膨らんでいくことはありません。支払いを毎月一定額にして管理するというリボ払いのメリットを最大限生かすことができます。リボ払いの手数料は例えるなら保険の掛け金のようなものです。

リボ払いの使い方を誤るとどうなるのか

部長や課長にも引き立てられ飛ぶ鳥を落とす勢いの山本係長。付き合いの幅も広がりいつしかカードローンを財布代わりに使うようになってきました。「今月は使いすぎたな…」と反省することはあっても、口座から引き落とされるのは毎月1万円。計算が楽になるのでクレジットカードも「いつでもリボ」に変更して毎月3万円の支払いに固定しました。

こうなるとリボ地獄のはじまりです。上の表を例にとると、1回目の支払いの1万円の返済金の内訳は元金8,521円、利息1,479円です。もし元金以上の金額を新たに使うと翌月の請求では利息負担が今月よりも大きくなります。

使い方を誤ると毎月定額の支払いが恐ろしい

リボ払いのメリットは支払いを毎月一定額に抑えることでした。しかしこれはリボ払いの使い方を誤ると致命的なデメリットにもなります。1月に3万円使っても、5万円使っても支払額は定額の1万円なので使う額が大きくなれば大きくなるほど残債が積みあがっていく仕組みになっています。正確にはこれを「ミニマムペイメント方式」といいますが、多くのカードローンやクレジットカードではこのミニマムペイメント方式が取り入れられています。

最初に挙げた主なカードローン業者の返済方法全てに「残高スライド式」が取り入れられていましたが、残高スライド式は利用残高に応じて支払額も変わりますが、残債が減ると支払額も減る仕組みになっているので結局のところ支払いの長期化を招く一因になってしまいます。

日常的にリボ払いにしているからいつまで経っても返せない

残債が増えるとそれだけ返済金に占める利息負担分が大きくなります。新たなリボ払いをせずに地道に返済をするか、任意返済をして元金部分を圧縮するしか逃げるすべはありません。

1万円を返済したから残高が1万円減っているわけではない

言われれば当たり前の話ですが、リボの罠にかかったら感覚が完全に麻痺します。この例では1万円ですが、返済額が3万5万と増えていくに従って、「まだ5万円分枠がある」と意識するようになります。こうなると毎月の元金支払い額の正確な把握どころではなくなってしまいます。

毎月の支払いはカードローンとクレジットカードあわせて4万円固定の山本係長。いつどこでいくら使ったのかもよく覚えていません。ある日出勤途中に立ち寄った会社近くの銀行のATMにいつも通りカードを挿入したところ「恐れ入りますがお取扱できません」の表示が。この銀行のカードローンなのにおかしい。慌ててスマホで会員情報を照会してみると利用限度額に「利用停止中」の赤い文字。なぜだ…立ち尽くす係長。

歯止めがきかなくなると行き着く先は利用停止です。

リボ払いを使う時の鉄則

  • 返しきるまで次は使わない
  • 少額でもいいので任意弁済を積極的にする
  • いつどこでいくら使ったのかを必ず把握する

この3つを守っていればリボ払いで地獄をみることはありません。誤った使い方をしてしまうと恐ろしいのはリボ払いに限らず、薬でも刃物でも同じです。

-初めてのカードローン, カードローンの借入と返済

あわせて読みたい

1
プロミスにネットから申込みをしてWeb契約してみた時の流れを完全解説!

プロミス 土日祝日審査対応。当日審査21時まで。 土日祝22時まで即日借入れ可能 ...

予算10万円の海外旅行 2
今日中にお金を借りる時の注意点と契約の流れ。夕方過ぎでも間に合います。

1 今日中にお金を借りられるところ2 今日中にお金を借りたい時に、まずは用意して ...

3
躍進!楽天銀行のカードローン。積極営業で会員数・貸出残高4年で倍増。人気の秘密・評判は?

世間一般では楽天銀行と聞いても「あの楽天がやってる銀行でしょ」くらいの知名度しか ...

4
最初に作っておくべきクレジットカード3選。契約しやすくて使いやすいおすすめカード。

クレジットカードを作るには審査があります。 審査と聞くとハードルが高そうだと思わ ...

5
クレジットカード不要の格安SIMあります。iPhoneにもXperiaにも対応で年間5万円の節約!

最近徐々に浸透してきた格安SIMと呼ばれるサービスがあります。かつては安かろう悪 ...