カードローンことはじめ

カードローンをお探しの方も、もっと知りたい方も。

SMBCモビット

SMBCモビットのメリットデメリットを主要カードローンと比較総まとめ。

2018/09/13

設立当初は消費者金融大手よりも低い金利で会社員を中心に支持を獲得してきたSMBCモビットですが、現在は「契約時の電話連絡原則なし」、「カードなし」などのプライバシーに配慮した契約手続きや、契約から借入、返済まで全てネット上で済ませることが出来る「Web完結」サービスでこれまで以上に使いやすいサービスを提供しています。

アコム、プロミス、アイフルの大手3社とは違ったサービスで差別化をしています。

そんな「大人のカードローン」SMBCモビットの特徴と他社との比較についてまとめてみました。

2017年12月1日にモビットからSMBCモビットに社名が変更されました。

SMBCモビットファクトデータ

利用限度額 1-800万円
実質年率 3.0-18.0%
無利息期間 なし
審査時間 申込みから最短30分*
融資時間 最短即日*
土日祝審査
土日祝融資
主婦・学生 可能(20歳以上69歳以下・要安定収入)

* お申込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります。

主要カードローンと金利と限度額を比較

利用限度額実質年率無利息期間
プロミス1-500万円4.5-17.8%あり
アコム1-800万円3.0-18.0%あり
アイフル1-500万円4.7-18.0%あり
三菱UFJ10-500万円1.8-14.6%-
三井住友銀行10-800万円4.0-14.5%-
みずほ銀行10-1000万円3.5-14.0%-
オリックス銀行10-800万円3.0-17.8%-
楽天銀行10-800万円1.9-14.5%-

こんなあたなにSMBCモビットがおすすめ!SMBCモビットのメリット

  • 電話連絡をされては困る!
  • とにかく急いでいる。今日中にお金を借りたい
  • 三井住友銀行のATMを手数料無料で利用できる
  • ゆうちょ銀行の口座を利用したい

電話連絡なし!審査で在籍確認が心配な方はSMBCモビット

SMBCモビット最大のメリットは、ネットだけで申込みから契約まで済ませることが出来る「Web完結サービス」を利用すれば「電話連絡なし」が選べることです。

「勤務先に電話をされるのは出来れば避けたい…」とお悩みの方はSMBCモビットがぴったりです。

「Web完結」サービスを利用するためには、以下のような条件があります。

  • 健康保険証給与明細直近の1ヶ月分がある
  • 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、いずれかの口座を持っている

2017年10月からゆうちょ銀行をお持ちの方もWeb完結サービスが利用できるようになりました。

特定の銀行口座を持っていないと利用できないというのがネックになりますが、三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方はモビットのWeb完結サービスがおすすめです。

>> SMBCモビットのWeb完結サービスの詳細はこちら

三菱UFJ銀行・三井住友銀行・ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちでないという方は通常の申込みとなります。

プロミスもネットから申込み後コールセンターに問い合わせをすることで電話連絡以外の方法で在籍確認をしてもらうことが可能です。プロミスの詳細は以下のページでご確認ください。

>>プロミスのメリット・デメリットを主要カードローンと比較総まとめ

パート・アルバイトで扶養の保険証の方も申込み可能!

主婦などで扶養に入っている方はお手持ちの保険証とパート先の給与明細でも申込み可能です。10万円を借入れたい時は年収が30万円あれば申込み要件をクリア出来ますので、パートのみの方でも安心して申込み可能です。

ただ、パートも含めて全く収入のない専業主婦の場合、貸金業者から借入をすることはできません。

お急ぎの方はネットから申込み後SMBCモビットコールセンターに電話で即審査可能

お急ぎの方はネットから申込み後コールセンターに連絡をすればすぐに審査をしてもらうことができ、その場で審査結果の通知と会員登録を行うことが出来ます。

他社の場合でもコールセンターに連絡をして早めに審査をしてもらうことができますが、審査結果が出るまでしばらく待つ必要があります。

電話をしたらその場で結果が分かり契約の手続きも出来るのはモビットならではのサービスです。

平日14:50分までに振込手続きが完了出来れば当日融資*を受けることも可能ですので、14時頃までにコールセンターに電話をすれば最短で借入まで済ませることが出来ます。(*お申込みの曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります。)

SMBCモビットのデメリット

  • 30日無利息サービス期間がない
  • 自動引落返済には三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座が必要。
  • 収入証明の提出は必須

SMBCモビットには30日間無利息サービスがない

アコム、プロミス、アイフルの大手消費者金融3社は、初めて契約をする場合、30日間無利息サービスがあります。もし初めてキャッシングを利用したいという方はこちらの3社を利用した方が1ヶ月分の利息がなくなりますのでお得になります。

自動引落で返済する場合は三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座が必要

モビットが自動引落返済に対応しているのはこの3行のみとなっています。この2行の口座をお持ちでない方は、銀行振込またはモビットカードでATMから返済する必要があります。

SMBCモビットはコンビニATMや多く銀行のATMと提携しているため特に不自由することはないと思いますが、自動引落を利用したいという方は同じ三井住友銀行グループのプロミスがおすすめです。

SMBCモビットは収入証明の提出が必須

SMBCモビットは申込みにあたって収入証明書を提出する必要があります。

  • 直近の給与明細2ヶ月分
  • 源泉徴収票
  • 納税通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書の写し

Web完結サービスで申込む時も直近の給与明細1ヶ月分が必要となりますが、それとは別にもう1ヶ月分の明細を用意する必要があります。

賞与のある方は賞与支給明細を提出する必要がありますが、紛失する等して無い場合はなくても問題がありません。あれば出した方が賞与分の収入が上積みして審査されますので審査に有利になります。

収入証明の提出はデメリットですが、大きなメリットにもなります。

収入証明の提出が面倒だという方は他の業者を選んだ方がいいですが、現在他社に借入があったりする等、審査の面で不安という方はSMBCモビットがおすすめです。

なぜなら、収入証明の提出をするということは自分の返済能力を証明するということになるからです。

収入証明原則提出不要の業者は手間が省ける反面、申込み時に申告された収入ではなく貸金業者に蓄積された勤務先や業種職種のデータをもとにした推定収入を重視して審査を行います。従って実際の収入よりも低い数字で審査にかけられることが多く、結果的に審査に通らなくなってしまうこともあります。

収入証明を提出するからといって審査が甘いというわけではありませんが、実際の収入を元に審査が行われるという点は大きなメリットでもあります。

銀行カードローンや大手の消費者金融はこれまでキャッシングを利用したことのない新規客をメインターゲットとしているため、既に他社のキャッシングを利用している方への審査は厳しくなりがちです。

同じ三井住友銀行グループにプロミスとSMBCモビットの2社が存在している理由の一つとして、「ターゲットとしている顧客層が異なる」という点があげられます。

プロミスは収入証明書の提出が原則不要(借入希望額による)なのに、SMBCモビットは収入証明書が必要な理由も想定している顧客層が異なるからです。

>> SMBCモビットへのお申込みはこちらへ

-SMBCモビット
-, ,

あわせて読みたい

1
プロミスにネットから申込みをしてWeb契約してみた時の流れを完全解説!

プロミス 土日祝日審査対応。当日審査21時まで。 土日祝22時まで即日借入れ可能 ...

予算10万円の海外旅行 2
今日中にお金を借りる時の注意点と契約の流れ。夕方過ぎでも間に合います。

1 今日中にお金を借りられるところ2 今日中にお金を借りたい時に、まずは用意して ...

3
躍進!楽天銀行のカードローン。積極営業で会員数・貸出残高4年で倍増。人気の秘密・評判は?

世間一般では楽天銀行と聞いても「あの楽天がやってる銀行でしょ」くらいの知名度しか ...

4
最初に作っておくべきクレジットカード3選。契約しやすくて使いやすいおすすめカード。

クレジットカードを作るには審査があります。 審査と聞くとハードルが高そうだと思わ ...

5
クレジットカード不要の格安SIMあります。iPhoneにもXperiaにも対応で年間5万円の節約!

最近徐々に浸透してきた格安SIMと呼ばれるサービスがあります。かつては安かろう悪 ...