カードローンことはじめ

カードローンをお探しの方も、もっと知りたい方も。

プロミス

プロミスに申込みをして最短で審査から融資まで受ける手順

2016/07/26

プロミス最大の特徴は、銀行や消費者金融信販会社のカードローンの中で申込みから融資までのスピードが速いことです。

審査結果に関しては最短10分回答のカードローンもありますが、銀行口座を開設していることが条件であったり郵送でのカード受け取り限定であったりするなど審査後に時間がかかるところが多くなっています。

申込みから融資までのトータルで見た場合、『審査最短30分、融資まで最短60分』のプロミスが他社に比べて有利です。

実際に申込みをしてみた手順をまとめましたので、「プロミスに申込んでみたらこんなかんじでした」という話に関心のある方は以下をご覧ください。

■「実際にプロミスに申込みをしてWeb契約をしてみた時の流れ

最短審査・最短融資を希望する場合の申込み方法

ネットで申込みをして「カードなし」を選ぶ方法が最もおすすめです。ただし、カードレスの場合自分の銀行口座に振込融資をしてもらう形になりますので銀行口座が必要になります。銀行口座がない場合は、ネットで申込みを済ませて自動契約機でカードの発行を受けてください。

カードなしをおすすめする理由

  • カードの受け取りに自動契約機まで出向く必要がありません。
  • 自宅にカードが送られてこないので契約時の郵便物もありません。
  • カードがないから身内バレのリスクも最小限に抑えられます。
  • 瞬フリ」なら銀行口座登録後、会員ページから借入を送信して最短10秒で融資を受けられます。
  • 契約後も最短10秒で銀行口座に振込入金が可能です。
  • カードが必要になれば後でカードを受け取ることも可能です。

「瞬フリ」とは、借入を行う際に自分の銀行口座に入金するサービスのことです。瞬フリを活用することで、契約の際に自動契約機に出向く手間が省けますのでお急ぎの場合には是非活用しておきたいサービスです。

プロミスの審査は土日祝日も9時から21時まで

プロミスは曜日を問わず申込み受付から審査まで行っています。急な出費が発生した時でも最短で1時間で借入まで出来てしまうので安心です。

土日祝日・平日の夕方以降でも契約から借入まで出来ますが、最短で借入をしたい場合には、三井住友銀行かジャパンネットバンクの銀行口座を持っているかどうかで手続きの手順が若干異なりますので、その点について簡単にまとめておきます。

お手持ちの銀行口座によって即日融資に「瞬フリ」が使えるかどうかが変わります

三井住友銀行とジャパンネットバンクの口座であれば24時間(月曜深夜0時から7時、元日除く)いつでも借入して最寄りのATMから引き出しが可能となります。

この2行の口座をお持ちであれば、契約後いつでも自分の銀行口座に入金することが出来ます。

三井住友銀行とジャパンネットバンクの口座を持っていない場合、銀行の営業時間内であれば融資申込みから最短10秒で、営業時間外でも翌営業日の9時半頃までには入金されます。

なお、瞬フリで契約当日の融資を希望する場合で、三井住友銀行かジャパンネットバンクに口座がない場合は平日14時までに審査を完了させておく必要がありますので余裕をもって申込むようにしてください。

土日祝日で申込み当日の融資を希望する場合

三井住友銀行かジャパンネットバンクの口座がある場合は土日祝日であっても「瞬フリ」で自分の銀行口座に入金可能です。従って、申込みの際にそのまま「カードなし」を選択しても問題ありません。

三井住友銀行かジャパンネットバンクの口座を持っていない場合は、ネットから申込み後最寄りの自動契約機でカードの受け取りを行い、併設されているATMか他の銀行やコンビニのATMで出金すれば土日祝日平日14時以降(自動契約機の営業終了時間まで)であっても即日融資を受けることができます。申込み時に「カードあり」を選択し、カードの受け取り方法で「自動契約機でカード発行」を指定するだけでOKです。

プロミスで最短融資を受ける手順のまとめ

最短で融資を受けようとする場合、持っている銀行口座と曜日時間帯によって、「ネット上で全て完結(Web完結サービス)」か、「自動契約機でカードを受け取る」かがかわってきます。

三井住友銀行・ジャパンネットバンク口座 その他の銀行口座
平日9時-13時頃* ネットのみでOK ネットのみでOK
平日14時-21時頃* ネットのみでOK 自動契約機でカード受取
土日祝日9-21時頃* ネットのみでOK 自動契約機でカード受取
21時-翌9:00 翌営業日審査  翌営業日審査

*三井住友銀行とJNB以外で瞬フリを利用する場合平日14時までに審査完了が条件ですので、余裕をもたせて「平日9時-13時頃」と表記しています。
*夜間の審査終了時間は自動契約機の営業終了時間に準じます。

プロミスで最短融資を受ける際の準備

最短で申込みから融資まで受けたい場合は、必要となる書類などを事前に準備しておくとスムーズにいきます。

必ず必要となるもの

  1. 運転免許証や健康保険証等の身分証明書
  2. 勤務先の住所と電話番号

場合によっては必要となるもの

  1. 銀行振込み融資(瞬フリ)を希望する場合銀行口座番号
  2. 50万円以上の融資を希望する場合と他社借入とプロミスへの新規申込み額が合計が100万円を超える場合は収入証明書

用意しておく身分証明書について

運転免許証や健康保険証があればその2つのうちいずれか1点を用意しておけば審査に関しては問題ありません。パスポートも利用可能ですが運転免許証や健康保険証の方が審査の際のチェックがスムーズにいきますので、運転免許証か健康保険証の利用をおすすめします。

プロミスはネットから申込み後プロミスのコールセンターに連絡をすることで電話以外の在籍確認についても相談にのってくれます。

その時に必要になる物はケースバイケースですが、他社で電話以外での在籍確認を希望する場合勤務先を証明するものとして健康保険証の提示を求められますので健康保険証があれば健康保険証を用意しておくことをおすすめします。

収入証明書が必要になるケースとついて

借入希望額が50万円を超える場合と、他社で現在借り入れている額とプロミスで借入を希望する額の合計が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要です。収入証明書として使えるものは以下のものです。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+賞与がある場合は賞与明細)

上記の場合以外では原則収入証明は不要です。

申込みをする時間帯

まとまった時間のとれるときがおすすめです。プロミスは土日祝日も審査融資ともに行っていますので土日でも問題ありません。在籍確認に不安のある方は自分が電話に出られる時間帯や、昼休み時間がおすすめです。

三井住友銀行やジャパンネットバンクに口座の無い方で、自動契約機でカードの受け取りをせずに当日融資を受ける場合は平日14時までに審査終了という制限がありますので、お昼頃までには申込みを済ませておいた方がいいでしょう。

まとまった時間がとれる時であれば万一申込み内容に不備や誤りがあった際に連絡がきてもスムーズに対応することが出来ますのので時間的ロスを最小限に抑えることが出来ます。

申込みから融資までの流れ

  1. プロミスのHPから申込む
  2. 申込みの際、カードなしを選ぶ(振込融資「瞬フリ」を希望する場合)
  3. プロミスから電話がかかってくるので応対(かかってこないときもある)
  4. 在籍確認等が行われます
  5. 審査結果が電話かメールで届きます(どちらか選択可能)
  6. 「カードなし」を選んだ場合、会員ページにログインして銀行口座等の登録を済ませる
  7. 口座登録後会員ページから借入額などを入力して送信
  8. 指定口座に入金されているので銀行のキャッシュカードで引き出しができます
  9. 「カードあり」を選んだ場合は自動契約機でカードを受け取ります

審査に通らなかった場合は最短審査時間30分よりも早めに審査結果が通知されることがあります。審査に通りそうな場合は最短審査時間よりも時間がかかる場合があります。

>> プロミス公式サイトへ

電話以外での在籍確認を希望する場合

最短で申込みから融資を完結させたい場合には、原則通り電話で在籍確認を受けた方がよろしいかと思います。

プロミスの場合、電話以外での在籍確認にも申込み後コールセンターに電話をすれば相談することができます。

電話連絡以外での在籍確認について当サイトで問いあわせたところ、

(プロミスのオペレーター)
「基本的にお勤め先にこちらから電話をさせていただいて勤務先の確認をいたしております。

その際には番号非通知の個人名で連絡をさせていただいており当社の会社名を名乗ることはありませんので、電話での在籍確認をお願いしております。もしお客様のご都合で電話での在籍確認が難しい場合、電話連絡以外の方法もご提案させていただくことは可能です。

(※当サイト質問:どのような方法があるのでしょうか?)

(プロミスのオペレーター)

「お客様のお申込み内容や、お勤め先お勤めの形態によって異なります。」

(※当サイト質問:借入希望額によっても異なるということでしょうか?)

(プロミスのオペレーター)

「異なる場合がございます。」

(※当サイト質問:健康保険証と給与明細で在確の電話にかえることは出来ますか?)

(プロミスのオペレーター)

「お申込み内容にもよりますが、健康保険証と給与明細のコピーをご提出いただく方法をご提案させていただくこともございます。」

電話以外での在籍確認を希望する場合、申込み内容(借入希望額)や他社利用状況によっても確認の方法が異なるようです。
従って、最短で融資を希望する場合に関しては、電話での在籍確認を希望しておいた方が申込み後の手間がかからないと思われます。

電話以外での在籍確認について詳しくは申込みをしてみてプロミスのコールセンターにお問い合わせください。

-プロミス

あわせて読みたい

1
プロミスにネットから申込みをしてWeb契約してみた時の流れを完全解説!

プロミス 土日祝日審査対応。当日審査21時まで。 土日祝22時まで即日借入れ可能 ...

予算10万円の海外旅行 2
今日中にお金を借りる時の注意点と契約の流れ。夕方過ぎでも間に合います。

1 今日中にお金を借りられるところ2 今日中にお金を借りたい時に、まずは用意して ...

3
躍進!楽天銀行のカードローン。積極営業で会員数・貸出残高4年で倍増。人気の秘密・評判は?

世間一般では楽天銀行と聞いても「あの楽天がやってる銀行でしょ」くらいの知名度しか ...

4
最初に作っておくべきクレジットカード3選。契約しやすくて使いやすいおすすめカード。

クレジットカードを作るには審査があります。 審査と聞くとハードルが高そうだと思わ ...

5
クレジットカード不要の格安SIMあります。iPhoneにもXperiaにも対応で年間5万円の節約!

最近徐々に浸透してきた格安SIMと呼ばれるサービスがあります。かつては安かろう悪 ...