カードローンことはじめ

カードローンをお探しの方も、もっと知りたい方も。

信用情報

信用情報機関とは

2016/05/15

信用情報機関とは、個人の氏名住所や勤務先等の「属性情報」と、ローンの借入額や与信額等の「支払い情報」を登録している情報機関のことです。現在、日本には3つの信用情報機関があり金融機関やクレジット会社はそのいずれかに加盟しています。信用情報機関に加盟している金融機関は登録されている情報を利用でき、顧客の与信を行う際には信用情報機関に登録されている情報を必ずといっていいほど参照しています。

日本の信用情報機関

全国銀行個人情報センター(KSC)
全国銀行協会(全銀協)が運営する信用情報機関。主に銀行や銀行系のカード会社等が加盟しています。

シー・アイ・シー(CIC)
主にクレジットカード会社や信販会社、リース会社等が加盟する信用情報機関。

日本信用情報機構(JICC)
主に消費者金融が加盟する信用情報機関。

カード会社や信販会社の個人情報保護に関する項目をみるとそこがどこの機関に加盟しているのかが必ず記載されています。例として三井住友カードの個人情報に関する規定の一部を抜粋してみました。下部のオレンジ色の部分が三井住友カードが加盟する加盟信用情報機関です(CICとJICC)。

6.個人信用情報機関ならびにその加盟会員(当社を含みます)による個人情報の提供および利用について

 

  • (1)当社は、個人信用情報機関およびその加盟会員(当社を含みます)による個人情報の提供・利用について、クレジットカード入会申込書、キャッシング申込書、ローン申込書、保証委託申込書等により、下記のとおり個人情報保護法第23条第1項に基づく同意をいただいております。

 

  • (a)当 社が加盟する下記の個人信用情報機関(個人の支払能力に関する情報の収集および当該機関の加盟会員に当該情報を提供することを業とする者。以下「加盟信用 情報機関」という)及び加盟信用情報機関と提携する下記の個人信用情報機関(以下「提携信用情報機関」という)に照会し、お客様及びお客様の配偶者の個人 情報が登録されている場合には当該配偶者の情報(当該各機関の加盟会員によって登録される契約内容、返済状況等の情報の他、当該各機関によって登録され る、破産等の官報情報等を含む)を、お客様の支払能力の調査の目的に限り、利用すること。
  • (b)加 盟信用情報機関により定められた情報(下表の「登録情報」記載の情報、その履歴を含む)が当該機関に下表の「登録期間」に定める期間登録されること、並び に、登録された情報が加盟信用情報機関及び提携信用情報機関の加盟会員によりお客様の支払能力に関する調査のため利用されること。

登録される情報とその期間

登録情報 登録の期間
(a)氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先、運転免許証等の記号番号等の本人情報 左欄(b)以下の登録情報のいずれかが登録されている期間
(b)会員規約、ローン規定、保証委託約款等に係る申込みをした事実 当社が利用した日より6ヶ月を超えない期間
(c)会員規約、ローン規定、保証委託約款等に係る客観的な取引事実※1 契約期間中及び契約終了後(完済していない場合は完済後)5年を超えない期間
(d)債務の支払いを延滞した事実 株式会社シー・アイ・シーへの登録:
契約期間中及び契約終了後(完済していない場合は完済後)5年を超えない期間
株式会社日本信用情報機構への登録:契約期間中及び契約終了後1年を超えない期間
(e)債権譲渡の事実に係る情報 株式会社日本信用情報機構への登録:譲渡日から1年を超えない期間
(f)苦情調査中である旨 当該調査中の期間
(g)本人確認資料紛失・カード盗難、与信自粛申出等の本人申告情報 本人から申告があった日から5年を超えない期間

 

  • 1.上 記「会員規約等に関する客観的取引事実」は、氏名、生年月日、住所、電話番号、勤務先、契約日、契約の種類、契約額、貸付額、商品名およびその数量・回 数・期間、支払回数、利用残高、割賦残高、年間請求予定額、支払日、完済日、完済予定年月、月々の支払い状況等(解約、完済、支払停止抗弁の申立等の事実 を含む)となります。

 

  • (2)上 記のほか、上記(1)に記載の個人情報は、その正確性・最新性維持、苦情処理、個人信用情報機関による加盟会員に対する規則遵守状況のモニタリング等の個 人情報の保護と適正な利用の確保のために必要な範囲内において、個人信用情報機関およびその加盟会員によって相互に提供または利用される場合があります。
  • (3)上記(1)から(2)に記載の個人信用情報機関は次のとおりです。各機関の加盟資格、会員名等は各機関のホームページに掲載されております。なお、個人信用情報機関に登録されている情報の開示は、各機関で行います(当社では行いません)。

 

加盟信用情報機関の名称・所在地・電話番号

 

  • 名  称:株式会社シー・アイ・シー
    (貸金業法・割賦販売法に基づく指定信用情報機関)
    所 在 地:〒160-8375 東京都新宿区西新宿1-23-7新宿ファーストウエスト
    電話番号:0120-810-414
    ホームページアドレス:http://www.cic.co.jp
  • 名  称:株式会社日本信用情報機構
    (貸金業法に基づく指定信用情報機関)
    所 在 地:〒101-0042 東京都千代田区神田東松下町41-1
    電話番号:0120-441-481
    ホームページアドレス:http://www.jicc.co.jp

 

提携信用情報機関の名称・電話番号

 

  • 名  称:全国銀行個人信用情報センター
    所 在 地:〒100-8216 東京都千代田区丸の内1-3-1
    電話番号:03-3214-5020
    ホームページアドレス:http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/index.html

    • 株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構並びに上記提携信用情報機関は、多重債務の抑止のため提携し、相互に情報を交流するネットワーク(CRIN)を構築しています。

3つの信用情報機関はそれぞれ独立しており、それぞれの機関がもっている情報はその機関に加盟している会員だけが照会することができます。CICに記録されている情報はCICに加盟していない会員は利用できないのが原則です。しかし、長期の延滞や貸倒といった事故情報の他、免許証の不正利用の被害にあったとき等重大な情報に限って3つの信用情報機関で共有しています。先ほど引用した、三井住友カードの個人情報規約の最後の方に、「(略)相互に情報を交流するネットワーク(CRIN)を構築しています。」という文言がありますが、このCRINが3機関での情報共有を指しています。

CICとJICCはより広範囲で情報交換を行っている

CRINの他にCICとJICCの間で情報交換を行う、「FINE」というネットワークもあります。CRINでは事故情報等重大な情報に限られて交換していましたが、FINEでは事故に至らない延滞の情報や、借入額などの契約内容、申込の情報などより細かい情報まで共有されています。

これには与信総額を年収の三分の一までとする「総量規制」が関係しており、消費者金融と信販会社の情報はほぼ一元管理されているとお考えいただいても差し支えありません。従って、クレジットカードの申込みをする際に消費者金融の借入をごまかして申告してもすぐにバレてしまいます。

-信用情報
-

あわせて読みたい

1
プロミスにネットから申込みをしてWeb契約してみた時の流れを完全解説!

プロミス 土日祝日審査対応。当日審査21時まで。 土日祝22時まで即日借入れ可能 ...

予算10万円の海外旅行 2
今日中にお金を借りる時の注意点と契約の流れ。夕方過ぎでも間に合います。

1 今日中にお金を借りられるところ2 今日中にお金を借りたい時に、まずは用意して ...

3
躍進!楽天銀行のカードローン。積極営業で会員数・貸出残高4年で倍増。人気の秘密・評判は?

世間一般では楽天銀行と聞いても「あの楽天がやってる銀行でしょ」くらいの知名度しか ...

4
最初に作っておくべきクレジットカード3選。契約しやすくて使いやすいおすすめカード。

クレジットカードを作るには審査があります。 審査と聞くとハードルが高そうだと思わ ...

5
クレジットカード不要の格安SIMあります。iPhoneにもXperiaにも対応で年間5万円の節約!

最近徐々に浸透してきた格安SIMと呼ばれるサービスがあります。かつては安かろう悪 ...