カードローンことはじめ

カードローンをお探しの方も、もっと知りたい方も。

信用情報

信用情報機関に登録される情報

2016/05/15

 新規にローンを組んだりカードの発行を受ける際には必ず「指定信用情報機関への情報提供の同意」が求められます。貸出し上限額を年収の3分の1とする総量規制の導入に伴い、貸金業者は新たな貸付をする際には指定信用情報機関への情報照会と登録が義務付けられました。

信用情報機関には、申込者個人を特定する「属性情報」と、貸金業者がその個人と取引している内容である「債権情報」が記録されています。

属性情報
氏名、年齢、性別、住所、電話番号、勤務先、勤務先の電話番号、勤務先の住所、配偶者の氏名、本人確認書類の種類、本人確認書類の番号等。

債権情報
会員会社名、契約の種類と内容、契約日、契約額、残高、など。

クレジットカードやローンの申し込みをする際に記入する情報全てが信用情報機関に登録されるとうわけではありませんが、勤務先やその電話番号などの情報は加盟会員の間で共有されています。 共有対象とならないのは、年収や勤続年数、居住期間等限られた情報だけです。もっとも、居住期間や勤続年数などの情報は過去の信用情報があればそれを元に申込に書かれた内容の真偽をある程度判断することは可能ですし、提出された本人確認書類や源泉徴収票等からも判断することは可能です。

これに加えてKSC(全銀協)は官報情報を独自に収集し記録しています。官報とは国の機関紙で、官報情報とは破産や個人再生の情報のことです。破産や個人再生を行うと官報に氏名と住所が掲載されるのでその情報をKSCは収集しています。

-信用情報
-

あわせて読みたい

1
プロミスにネットから申込みをしてWeb契約してみた時の流れを完全解説!

プロミス 土日祝日審査対応。当日審査21時まで。 土日祝22時まで即日借入れ可能 ...

予算10万円の海外旅行 2
今日中にお金を借りる時の注意点と契約の流れ。夕方過ぎでも間に合います。

1 今日中にお金を借りられるところ2 今日中にお金を借りたい時に、まずは用意して ...

3
躍進!楽天銀行のカードローン。積極営業で会員数・貸出残高4年で倍増。人気の秘密・評判は?

世間一般では楽天銀行と聞いても「あの楽天がやってる銀行でしょ」くらいの知名度しか ...

4
最初に作っておくべきクレジットカード3選。契約しやすくて使いやすいおすすめカード。

クレジットカードを作るには審査があります。 審査と聞くとハードルが高そうだと思わ ...

5
クレジットカード不要の格安SIMあります。iPhoneにもXperiaにも対応で年間5万円の節約!

最近徐々に浸透してきた格安SIMと呼ばれるサービスがあります。かつては安かろう悪 ...